本文へスキップ

丘を歩くスキー・スノーシューガイド ポテトの丘

クロスカントリースキー&スノーシューって?profile

ガイドツアーで使用する歩くスキーとスノーシューをご紹介いたします。

クロスカントリースキー(歩くスキーについて)

クロスカントリースキーというと、ノルディックスキーの競争を連想する方が多いと思いますが、
当館で行うクロスカントリースキーは丘の雪原を楽しく歩くツアーです。
スキーを履いた足を、歩くように交互に前後させて進みますが、特別なテクニックはありませんので、
初心者のかたでも、簡単に楽しむことが出来ます。

写真撮影の為に大型の一眼レフカメラ等をお持ち方には、スノーシューが適しているかもしれませんが、
楽しさについては歩くスキーの方が勝っていると思われます。
未体験の方は、ぜひこの機会に歩くスキーをお試しください。

それでもご心配な方は出発前にお試し頂くことも可能です。
スタッフまでお申し付けください。


使用する道具はスキー、専用のシューズ、ストックの3点。
※3点セットのレンタルはガイド料金に含まれます。


歩くスキーの特長

 
こちらが歩くスキーに使用するシューズです。
一般的なスキーと違い、つま先の部分のみでスキー板につながるようになっています。

 
こちらが実際に板にシューズをつけた状態です。
歩く際には写真の様に踵が上がり、歩きやすくなっています。







使用する板には金属のエッジがついていない為、非常に軽く、また手を切ってしまうなどの心配もありません。
スキー板の裏面は波(ウロコ)のような模様がついている為、
後ろに下がりにくくなっており、歩きやすさに貢献しています。





スノーシュー(西洋かんじき)について

スノーシュー(snowshoe)は、雪の上を楽に歩くための雪上歩行具のひとつです。
素材はおもにプラスチックとジュラルミンでできています。

シューズの下に履くだけで、初心者の方でも簡単に雪の上を歩くことが出来ます。
ポテトの丘では雪に接触する面積が広いため、より軽快に歩ける“歩くスキー”をお勧めしておりますが、
どうしてもスキーが怖いと感じるお客さまは、スノーシューも選択することが出来ます。


実際にシューズにスノーシューを履くとこのようになります。
スノーシューの幅の分だけ少し足が開き気味になり、
雪が付着して重くなることもありますが、普段通りに歩くことが出来ます。


ポテトの丘(丘を歩くスキー・スノーシューガイド)

〒071-0218
北海道上川郡美瑛町大村村山

TEL 0166-92-3255

リンク


ペンション・ログ風別館・コテージ・ドミトリー
美瑛ポテトの丘


美瑛町観光協会